今年からSFAを使うようになりました。

営業に今年からSFAが導入されました。これについて知っている営業マンはいませんでした。だからこれが導入されると聞いた時、同僚はみんなどんなシステムなのか不安がっていました。営業に役立つシステムなんて存在するのかなとみんなが思ったようです。事務ワークなら新たなシステムを導入することによって仕事が楽になるのは理解できます。しかし営業はまた事務ワークとは違います。そして導入されてみると確かにこれは営業に役立つことがわかってきました。出先からお得意の売れ筋商品や売り上げの変化がすぐにわかるようになっています。したがって傾向と対策が立てやすいわけです。どのような商品を勧めればこの店では売れるかがすぐに判断できるわけです。実際これを導入してからみんなの売り上げが少し上がって来ています。もっと慣れてきたら効果がもっと出るようになると思われます。

会社のSFAはリースだと言うことを聞きました。

今年からSFAが導入され営業がやりやすくなりました。使い始めるまでは役立つのかとみんなが思っていました。しかし実際に使ってみるとなるほどという感じです。役立つわけです。よく考えられているなと感心します。各お得意の分析が簡単にできるからこれからの話をやりやすいわけです。こんなものを考え出したのは誰かと思っていたらどうやらアメリカで生まれたらしいです。さすがにIT先進国のアメリカだと感じました。ITに関して遅れている日本の会社ではこれは考えつかないなと納得しました。だからこれはかなり高くついているなと感じたのでそのことを事務員さんに訊ねるとリースだと言う答えでした。営業マンのみんながびっくりしました。こんな便利なものがリースなのかとビックリしました。確かにこれはまだまだ進化の余地がありますからリースの方が進化を早く取り入れることができていいだろうなと感じました。

SFAに必要となる機能

SFAとは営業を支援するITツールです。日々の営業活動の生産性を高め、業務の高利率アップになり、商品の売り上げアップにつなげることができます。必要な機能は、営業報告を保存管理するための文書管理です。また、報告書を提出するワークフロー機能です。そして、営業の商談過程、販売履歴を管理する必要があります。売り上げデータとリンクして、営業分析、表計算ソフトとの連携できることが必要です。もちろん、情報共有の面から、必要なデータは誰でも見れるようにします。SFAはグループウェアの中の1つの機能であったり、独立したソフトウェアであったりしますが、パソコンだけでなく、タブレット端末、スマートフォンなどから閲覧できるようハードに依存しないことが大切です。SFAは単にIT化するだけでなく、いろんな事が可視化できることで営業担当者のモチベーションアップにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です