業務効率のためのSFA

ITの導入する目的としては業務の効率化ですが、今までのIT化は事務部門の効率化でした。事務部門の効率化はオフィスオートメーションといわれておりました。事務部門は効率化が進んできましたが、営業部門はというと相変わらず、電話でアポを取り、足を運んで訪問し、営業日報を書いておりました。このような営業活動の効率化するITツールがSFAになります。セールフォース、オートメーションといわれておりますが、自動化できるツールというよりは営業活動をサポートするソフトウェアです。日々の営業日報を作成、報告、保管できたり、見積書の作成、営業のアプローチの履歴、商談の履歴を文章化して保存できたりします。外出先でもアクセスできることでわざわざ帰社する必要がなく、その時間を営業活動できます。全ての営業履歴を可視化することで、個人管理からグループ、部全体で営業フォローができます。

営業サポートツールとしてのSFA

営業は顧客と営業担当者が商談をして売り上げ数量が大よそきまってきます。営業担当者の商談が効率アップすることで売り上げアップにつながります。営業の生産性を高めることが大切ですが、営業は地道なことですので生産性を高めることは簡単なことではありません。SFAには文書管理、情報管理、可視化できるツールがあります。どこでもアクセスできることが大切です。営業日報を外部から作成し上司に提出します。帰社時間を節約し、他の会社への営業アプローチの時間に充てます。生産性アップするためには、1社の売り上げを数量アップするか、成約会社を増やすかです。1社当たりの売り上げアップは非常に難しいでしょう。成約会社をアップするには、数多くの会社を訪問、商談できなければなりません。時間が必要となります。SFAは営業に関する業務を側面からサポートすることで、営業本来の営業活動する時間を増やすことができるツールです。

SFAに頼りすぎないようにしよう

SFAというシステムを知っているという方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。このシステムは営業支援システムのことで、企業の営業活動を支援し営業プロセス全体の効率化を図るシステムで、顧客に関する情報や、営業や、仕事の進行状況を会社内で共有することができるものとなっており、仕事の効率化を図ることができるようになっています。このように私たちの社会はどんどん発展をとげ、便利な世の中へと変わっていっていますが、実際に人と人とが対面してコミュニケーションをとるということも大切なことです。もしもSFAのシステムばかりに頼ってしまうと、人との会話が減ってしまうこともあるはずです。ですのでSFAというシステムで情報を共有しあうのも大変便利なのですが、たまには自分の口で情報を分かち合っていくというのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です