ITツールとしてのSFAの利用

SFAとはsalesforceautomationの頭文字3文字からきた言葉です。営業が顧客管理をするITツールです。SFA営業は既存の顧客を管理するツールではありません。これから販売しようとする顧客に対してのアプローチに始まり、販売過程、日々の営業の折衝状況を管理したITツールです。今までの紙ベースの営業日報であったり、報告書は担当者と上司だけが情報を共有するだけでした。SFAは担当者だけでなく、グループ、部署全体が情報を共有できるツールになります。ITの利用としては、メールだけでなく、ワークフロー、文書管理機能などを備える必要があります。そのため、グループウェアなどのソフトウェアに機能が網羅されていたりします。更に近年ではクラウド機能を備え、どこでも、誰でも情報共有ができるシステムとなっております。



SFAの導入による効果



昔の営業は個人が管理して、日報を上司へ提出しておりました。日報は紙ベースで顧客ごとに管理されておりました。実際に顧客を管理するのが営業担当1人だけになるのでどうしてもクローズした世界での営業アプローチになってしまいがちです。SFAは今までの個人管理の営業アプローチをチームへの展開、部署への展開、情報共有化のためのツールになります。SFAは日々の営業の日報はもちろんですが、打ち合わせの記録、文書管理、ワークフロー機能がついております。グループウェアのように情報を全員が共有できることで、営業部員全員がアプローチができる体制になり、業務の引継ぎなどもスムーズにいきます。いろんな顧客のデータを集積できますので、いろんな角度から顧客分析ができ、営業戦術を立案することに役に立ちます。ひいては売り上げアップにつながります。





SFAは非常に重要な仕組みです。



SFAは非常に重要な仕組みです。営業支援のために使う情報システムや、そのシステムを使って営業活動を効率化することです。最近では、営業活動を効率化して、統合的に管理するソフトウェアが多く出てきています。提供形態も様々で、ASP型やSaaS型、クラウド型などがあります。それぞれグループウェア的なものから、商談情報の管理や共有を行ったり、顧客との関係を構成していくための各種機能を備えたものなど、バラエティに富んでいます。こういうツールを使うことで、今まで個々人で行っていた営業活動を一括に管理することができ、更にサービスレベルの平均化も行うことが出来ます。いわゆる人によってのサービスの違いというものを無くすことが可能になります。それへ、企業にとっても、実際に営業活動に従事している人にとっても有益なシステムです。

せっかくの見込をつまらないミスで失ったことはありませんか。なんとなくの管理から適切な管理に変わります。 同じところに複数回別々の担当から電話をしてしまったことはありませんか。SFAならよくあるミスを予防できます。 ネクストSFAは属人的な部分に頼っていた今までの営業プロセスを可視化し、営業の効率を向上させます。